銀山温泉 旧藤屋さんとの思い出

アメリカから藤屋さんにお嫁に来られてそれが話題となり、『日本人には日本が足りない』という名セリフ?CMとともに、かなり有名になったジニーさんという方がおられました。聞くところによれば、当時の銀山温泉は大正ロマンの代名詞になるほどの雰囲気がありながら、時代の流れに押され気味で、客足もあまり芳しくはなかったようです。

 

ところがジニーさんが話題になり始めると少しずつ客足が戻り、特に藤屋さんの絶頂期には半年先までの予約でいっぱいになったそうです。そんな折、建物屋根の四角い白い塔の窓にステンドグラスを入れたいとオファーがあり、早速打ち合わせに伺いました。ジニーさん主導で話が進むと、日本にはかなりの思い入れがあることが分かり、デザインとガラス選びには細心の注意が必要でした。

 

日本のイメージの一つが"障子"だと知ることになり、デザインのバックには白のガラスを指定されたのが印象的でした。

『和のステンドグラス』をセールスポイントにしていた自分の感覚が少しだけ揺らいだ瞬間でもあり、カルチャーショックとでも言える不思議な体験でした。

デザイン的には屋号から来る藤の花は当然としても、意外だったのは軒下に住みついてる鳥のデザインでした。なんの鳥か忘れましたが、可愛がっていたんですね。微笑ましい繊細さを感じました。

 

以後これらのステンドグラスを旅館のシンボルとして大事にしてくれていたのですが、何年か後に改築する際に取り外してしまったようです。近代的な建物にはそぐわなかったのかはわかりませんが、噂では最後まで残したかったらしいと聞いて、とても複雑でもったいない気持ちになったことをはっきりと覚えています。

 

それにしても結果的に藤屋さんだけ全体の景観から浮いてしまってるのが顕著なので、個人的には周りの景観を損なうような設計は残念でなりません。

 

日本のことが好きな外国人が感じる、日本的な感覚と思い入れは半端ないことも学んだ、貴重な体験になりました。

 

銀山温泉にはとても縁があり、後数軒仕事をさせていただいていることも記しておきます。

 

銀山温泉 藤屋
朝もやに浮かぶ塔
銀山温泉 藤屋
雰囲気のある塔

銀山温泉 藤屋
夜景に浮かぶステンドグラス
銀山温泉 藤屋
軒下に巣食う鳥のデザイン画