当スタジオは1981年の起業から現在の建築用ステンドグラスメイン制作に至るまでに多くの試行錯誤、経験を経てまいりました。

ですが、多くの作家が影響を受けていると思われるヨーロッパ周辺の宗教的なステンドグラスやアメリカのティファニーランプなど素晴らしい作品からの直接的なインスピレーションはそれほどありませんでした。

たまたまステンドグラス素材の手拭きガラスの魅力に惹かれただけだったのですが、これが自分にとってすべてのオリジナリティーにつながってきたわけですから不思議なものです。

 

ステンドグラス制作の素材となるガラスは日本では製作されておらずほぼヨーロッパ、アメリカからの輸入品です。そして作品として成立させる為には職人さんが丹念に作り上げた素晴らしいガラス素材をカットしなくてはなりません。結果、デザインと共に出来る限り素材の良さを生かし切るセンスが大事と考えています。

 

建築用ステンドグラスを始めとする平面からランプなどの立体に至るまで39年を経た今でもこのスタンスを持続しています。

このことが多くのお客様にも支持され続けています。

 

合わせて当スタジオは素材を十分に生かした和室にも合うステンドグラスをイメージした『和のステンドグラス』をひとつのテーマにしています。

 

 

賞歴:

旭硝子ガラスアート展入賞

栃木美術展入選

河北工芸展入選

 

独自のセンスとアイデア勝負を頼りに建築用ステンドグラス制作をメインにランプなどの立体もの制作に邁進中!!

 

宍戸秀一