ステンドグラスと音楽

Strawberry Fields Forever」(いちご畑よ、永遠に)という曲がある。ジョンレノンがリバプールで幼年期を過ごした家のそばにあることからも、「Strawberry Fields」が戦争孤児院の名前だったとはとても想像はできない。

今ではあまりにも有名になったこの敷地は一般公開されているが、ジョンの幼少期は扉が閉ざされていて、塀を乗り越えて遊んでいたと言う。

 

少し話は飛ぶが、自身に、ヤモリをモチーフにしたステンドグラス作品があるのだが、グリーンとピンクのヤモリが睨み合う構図になっている。

グリーンヤモリの片手はすでに飛んでいたりする。だからと言って全然気味の悪い印象ではないが、題名を考えるうち何故か「Strawberry Fields」という言葉が浮かんできた。曲が大好きなこともあったが、歌詞は難解だし、実際に行ったこともないのだけれど、勝手に、赤い扉の向こうにヤモリ達が棲みついているような気がしたのだ。

 

この作品にはこれ以上似合う題名はないように思えた。

仕事から離れて自由に創作していたのも幸いし、手応えのある作品にはなったが、当時は自分の密かな楽しみにしたかったので、誰にも題名は明かさなかった。

 

...今でもこの作品を見るとこの題名がしっくりくるのである。