和の感性について その一

 

ステンドグラスの仕事を始めた頃、岩手県の古い民家に足を運びました。そこで窓ガラスからの外の景色がとても雰囲気が良く印象的だったのを憶えています。ほどよい景色のゆがみは実はガラスそのものがそれを演出していたのです。昔の窓ガラスが製造上そのようなものだったとしても、そこで使われていたガラスは今のアンティークガラスに匹敵するものだったのです。 これがずっと「和」のステンドグラスを追い続けてきた出発点になりました。

 

 


和の感性について その二

 

私が考える「和」のステンドグラスはあくまでも「和」のイメージであり、無理やり和風に仕立て上げる、ということではありません。ガラスという素晴らしい素材を使い、自分のもっている日本人の感覚でものを作るということです。自分の和の感覚である線、透明感、郷愁、京、シンプル、華、モダン、大胆さ、繊細さ....が溶け合い作品になっていきます。見る人に「和」をおしつけるのでなく、自然に感じてもらえれば、と考えています。

 

 


和の感性について その三

 

ステンドグラスは明治の頃から先人の努力によって日本にも取り入れられ、傑作も数多く残されています。それらの作品は時代を超えて色褪せることはありません。言葉にすれば「和モダン」...今でも変わらない素晴らしいイメージです。これからもこれをメインイメージとして制作していきたいと思っています。