Gallery(入り口から店内へご案内)
入り口です。            

緑に囲まれて手前の286号線の雑踏が嘘のようです。

建物までの橋は自慢のk-bridge gallery です。

4人の作家さんの作品がご覧になれますよ。 

 (HP内でもご覧になれます)           
扉を開けるとこんな感じです。   

建築用パネルの実物や実例の記録写真、ランプなどを展示しています。

   ギャラリー兼打ち合わせ室

ここでパネルデザインやガラス選択などの打ち合わせをします。

外の眺めも季節で変わり見応えがあります。

左のパネルは宮沢賢治の童話(やまなし)をイメージした作品です。         

35年間ギャラリー兼店舗にやすらぎを与えてくれています。

橋の下から見上げるとこんな感じです。

フクロウ看板がお出迎えします。

西日が射すときれいな影が見れます。
以上ギャラリーへのご案内でした。