□デザインランクとガラスの種類についてのご説明

□ステンドグラスの価格の決め方についてご説明します。
目安となるものは、窓の面積デザインしたガラス片の数(ピースといいます)、使用するガラスの種類直線曲線...などです。これらのことを参考にしながら価格を決めていきます。

一般的に手間と時間の関係で、ガラスのピースが多ければ高価で、少なければ安価と考えます。これらを念頭において価格をきめていきますが、デザインに『難易度』が発生したり、ガラスの種類と選び方によってもかなり事情が変わってきます。

各工房の考え方、作家性にも左右される面もありますので、お客様にご提案しながらの決め方がベストの方法と考えています。

□ガラスの種類とデザイン性について
ガラスの種類は大きく分けて2種類あります。機械で製造する比較的安価なマシンメイドガラスと、プロの職人の手吹きによるアートガラスです。ほとんどはヨーロッパとアメリカで作られています。

アートガラスは誰の目にも素晴らしいものです。代表的なものとしては、光の透過性にすぐれているアンティークガラスがあります。透明感があり、気泡が入っているものも多く、昔から建築用として使われているもので、現在に至るまでその素晴らしい魅力は尽きることがありません。今ではよりたくさんのアートガラスが作られているので、とても恵まれた環境にあると言えます。しかし、その素晴らしい素材も使い方を誤ると、ガラスのよさを充分引き出すことができません。

マシンメイドのものは安価ですが、決して安いからよくないものではありません。使い方次第でいくらでもその魅力を引き出すことができます。もちろんアートガラスとの組み合わせでより良い相乗効果も期待できます。
※ポイント1. 両者を使いこなす作家のセンスによるところが大きいと言えます。

□ステンドグラスは洋のモノ?
ステンドグラスの素材となるガラスは現在、世界で3000種類位あるといわれています。それらは材料としてほとんどが入手可能です。そしてガラスだけ見れば決して洋風のイメージのみを抱くことはありません。和をイメージするガラスもたくさんあります。
※ポイント2. 洋風であれ、和風であれ、肝心なのはガラスの素材の選び方、使い方次第ということ。つまり、作家自身のデザインセンスが大きく作用することになります。
よくある質問に戻る